葬式のどんな事に料金がかかるのか

葬式を執り行う側ともなれば急いで準備をしていく事になりますが、慣れていない人だとそもそも何をしたらいいのかが分からないという事も多いです。

お金もとにかくかかるということで、近しい人が亡くなった悲しみだけでなく、費用の面でも気が重くなっていることもあるでしょう。

 

そんな中で、葬式の料金としては大きく三つに分けられます。葬式そのものにかかってくる一式、本体の費用と、寺院費用、接待飲食の費用が全体の料金となります。葬儀社の方で出してくれる見積を見ていると、基本的に書かれている費用は式本体の費用となりますので注意が必要となります。近年は葬式にかける費用というのは縮小気味ですから、宣伝やちらしなどを見ていてもかなりコンパクトな規模で費用もとても安くなっています。百万円ほどは軽く超えていたり、全国平均でもそれぐらいになると言われていましたが、今では20~30万円ぐらいでも式をすることができるようになってきているのです。

 

ただし、安くなっているのは有難いですが、必要最低限過ぎて後からこうしておけば良かったと思うような場合もあります。安い場合にはどんな流れで式が行われるのか、そしてどんな道具や小物類を用意してくれているのかという事もチェックしておきましょう。もしもプランだけを見ていて分からない時には気になる葬儀社に問い合わせてみるといいでしょう。料金はかかりますが、最後のお見送りでもありますので、後悔のないような葬式にしましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*