葬式にかかる様々な料金

葬式は家族が無くなってしまった場合必ず行わなくてはならないセレモニーです。しかし、その費用の内訳はさまざまな料金が発生してしまい、非常に高額となってしまいます。故人に縁のある親族、友人、同僚、近隣住民の方々などがあつまる大規模葬では平均200万円前後と言われており、ある程度は参列者からの香典で賄うことが可能ですが、実費となる費用はその半分以上の額になるでしょう。葬式の中で最も高額な料金設定となるのが祭壇となります。

これは生花を使っていることから規模が大きくなればなるほど金額が大きくなっていきます。そこで、香典とは別にお供えという形で故人に近い親族などからお金をいただくことでその費用を賄うことが一般的です。祭壇のお供えは生花の他にお菓子や果物といったものもあり、お供えの相場は3~10万円前後となっています。よく祭壇に表記されている名前はこうしたお供えをいただいた方の名前であり、金額が大きい方や故人との関係が近い方は目立つように表示されています。

もちろん香典よりも高額にお金をいただくことになるため、葬式後の法要などにおもてなしをするようにするのが一般的となります。最近ではこうした大規模な葬儀は行う機会は減ってきているため、祭壇にお金をかけない小規模なプランも登場しており、参列者が少ない傾向にある都心部では一般的となりつつあります。祭壇以外では参列者に対するおもてなしの費用として香典返しや通夜振る舞いなどの料金が高額になりがちです。しかし香典や貴重な時間を用意してきてください方々へのおもてなしの費用を削ることは避けるようにするのがマナーですので注意が必要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*